睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群について

当院では睡眠時無呼吸症候群の簡易検査を行っております。

次のような症状の方

大きないびきをかく
日中とても眠い
起床時の頭痛やだるさ
睡眠中に呼吸が止まっていると指摘されたことがある
肥満や糖尿病、高血圧である。

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndorome)
は、気道の閉塞などが原因で、睡眠中に何回も呼吸が止まる病気です。

わが国では200〜300万人の潜在患者がいると言われております。

注目されるべき生活習慣病との合併


治療方法はありますか?
適切な治療を行うと、日中の眠気や倦怠感などの症状がなくなるだけでなく、合併症を予防したり、改善することができます。
軽傷の方は、減量や飲酒を控えることなどの生活習慣病の改善により症状が軽減したり、なくなることもあります。
中〜重症の方は、鼻マスクによるCPAPという治療方法が行われております。

検査は簡単に行えます。
簡単な問診・アンケート
日中の眠気、生活習慣に関するアンケート
自宅で簡易検査
寝る前に腕に簡単な検査装置を装着して寝ていただきます。

医師の診断
検査によりわかること
・無呼吸や低呼吸の重症度がわかります。
・さらに詳しい検査が必要かどうかわかります。
・早期にCPAPの治療の導入を必要とする場合があります。

セルフチェック
Q 夜にこんなことはありませんか?
□ いびきをいつもかく
□ 睡眠中に呼吸が止まっていると指摘されたことがある
□ 苦しくて目が覚める
□ 夜トイレに何度も起きる
□ 口が渇く
□ 胸焼けがする

Q 他にこんなことはありませんか?
□ いつも眠い、居眠りする
□ だるい、疲れる
□ 仕事に集中できない
□ 起床時の頭痛

Q 病気で困っていませんか?
□ 高血圧なのに薬がよく効かない
□ 心臓の病気がある
□ 肥満や糖尿病である
□ 痛風や脂肪肝である

夜の項目でチェックが2つ以上あり、他の項目、あるいは病気のチェック項目にも該当するなら、睡眠時無呼吸症候群が疑われます。
医師または看護師にご相談ください。